ホーム

  1. ホーム
  2. 皆で進める福祉のまちづくり
  3. ふれ愛キャンプ

皆で進める福祉のまちづくり

ふれ愛キャンプ

障がいのある人もない人もすべて平等の立場で参加し,一泊二日のキャンプを通して,ふれあいながら互いの理解を深めていきます。ふれ愛キャンプは龍ケ崎市ボランティア連絡協議会との協働により開催しています。

キャンプファイア   キャンプかまど

 

キャンプ集合

ふれ愛キャンプのはじまりは…

 

 今から30年以上前の1983年のことです。ある1人の母親が,障がいがある子を授かった母親の存在を知り,思いました。「生涯重い荷物を背負わなければならない人がいる。その荷物を少しでも軽くしてあげたい。頑張れと声をかけたい。時にはその荷物を代わってあげたい。」と。

 現在ほど障がい児者施策が整備されておらず,人々の関心も高くなかった時代に感じた率直で熱い思いでした。 その熱い思いに共感した人々が集い実現したのが「ふれ愛キャンプ」です。障がいがある子とない子の交流の機会として,まだ「ノーマライゼーション」という言葉が知られていない中で始まった先駆的な取組みでした。

 残念なことに,その母親は数年後に他界してしまいましたが,「障がいがある人もない人も,同じ社会で生きていく仲間である」という思いは,これまで参加した子どもたち,学生ボランティアによって今も受け継がれています。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは龍ケ崎市社会福祉協議会です。

〒301-0007 茨城県龍ケ崎市馴柴町834番地1

電話番号:0297-62-5176 ファックス番号:0297-62-5575

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

龍ケ崎市社会福祉協議会 ふれ愛Netホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
龍ケ崎市民のイメージ
スマートフォン用ページで見る