ホーム

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 竜ケ崎仏教会による托鉢募金(歳末たすけあい募金)

新着情報

竜ケ崎仏教会による托鉢募金(歳末たすけあい募金)

 

 12月7日金曜日の午後,市内中心市街地の商店街において竜ケ崎仏教会による托鉢が行われました。

 「托鉢(たくはつ)」とは,鉢を持って人家の前や道に立ち,経を唱えながら施しの金銭や米などを受けて回る僧の修行の一つです。

 例年この時期に行われる竜ケ崎仏教会の伝統的な活動であり,「多くの方と恵みを分かち合う」という心のもと,歳末たすけあい運動への協力の一環として実施されるものです。

 鈴の音を響かせながら商店街を歩き,お店の方や道行く人から寄せられた浄財は,歳末たすけあい募金として寄付され,龍ケ崎市内における年末の支えあいの活動に役立てられます。

 

托鉢2018B

 

托鉢2018A

 

托鉢2018C

龍ケ崎市民のイメージ
スマートフォン用ページで見る